2017年2月24日 (金)

ASKAさんの「700番第二巻|第三巻」

「もっと言おうぜ

議論しようぜ

もっといい人見つけようぜ」

Pi.Pi.Pi.Pi.

荻窪Music Heaven

YouTube

Main

Metaleaman

Sub

Metaleama

 「事実は小説よりも奇なり」

 技術は公に知られていることの遥か上を行っている。

 

 

 

ASKAさんの盗聴盗撮被害について

 

 

 

覚醒剤中毒患者特有の症状だ、と決め付けている輩も多い。

 

「電源を落としたパソコンやスマートフォンを通して

 

盗聴なんて出来るはずは無い。」という理由から。

 

 

 

常識に捕らわれた人はまだ信じていることでしょう。

 

 

 

表題作の中にも有りますが、技術の進歩は凄まじい。

 

また、悪意を持って人のPC等に侵入できるようなツールも溢れている。

 

 

 

電源の切れているPC・スマートフォン・タブレット等を

 

遠隔で起動し操作することなど朝飯前の「クラッカー」

 

というような呼び方をされる人々が居るのも知っている。

 

 

 

個人のPCに侵入し、データを抜き取ったりでは飽き足らず、

 

公的機関のサイトに侵入し、データを書き換えたり

 

データを盗み取ったりしても、その痕跡を消してしまう、

 

 

 

とんでもない「技術」を持っている人々も多数存在する。

 

 

 

幸か不幸か私にはそんな技術は無いし

 

そんなことをやるつもりも無いが・・・。

 

ただ、ネットで検索すればそのようなツールも山のように見つかる。

 

 

 

そういった「技術」や人々が存在することさえ判らず

 

企業のデータ流出も他人事だと思っている

 

それこそ「頭がお花畑」なのがごく一般的だろう。

 

 

 

以前は音声は特定の人に聞かせることは不可能だとされていた。

 

マイクは無指向性が当たり前だった。

 

当然のごとくスピーカーも。

 

 

 

今では「パラメトリック・スピーカー」と呼ばれる

 

特定の狭い範囲に居る人だけに聞かすことができる

 

スピーカーが開発されている。

 

 

 

壁を通して会話等を聴くことは不可能だった。

 

今では「コンクリートマイク」が市販されている。

 

コンクリートを通して撮影できるビデオさえ存在する。

 

 

 

人間や犬以上に機械の感覚器官、いわゆるセンサーも

 

凄まじい進化をしている。

 

 

 

自動ドアー、今じゃ前に立てば開くものも多い。

 

思わず周りを見回してしまう人も多いかもしれない。

 

以前は入口のシートに乗らないと開かなかった。

 

 

 

表題作の著作者であるASKAさんでさえ懐疑的な見方をしている

 

人の思考を検知する技術も存在するのだ。

 

特許庁に出願された特許まで有るのだ。

 

 

 

テープレコーダーやビデオは読み取りと書き込み両方できる。

 

思考を検知出来るなら思考を書き込むことも理論的には可能だろう。

 

既に実用化されている可能性も高い。

 

 

 

こう言う事を書くとすぐに精神疾患や薬物中毒扱いする輩も多い。

 

勿論薬物中毒や精神疾患による幻聴や幻覚に関しては否定しない。

 

 

 

盗聴盗撮被害について

 

直ちに精神疾患や薬物中毒と決め付ける

 

愚か者に成らないで頂きたい。

 

 

 

すべての幻聴や幻覚が精神病や薬物中毒によるものではない。

 

すぐにそういう判断をしてしまう輩は単に時代遅れなだけなのだ。

 

いまだに「地球は平面だ」と信じて疑わない人々と同じだ。

 

 

 

もしかしたら現実を知りながら

 

それを無いことにしたいのですか?

 

 

 

物事には必ず「良い面」と「悪い面」が存在する。

 

「思考の検知」も、「思うだけで操作できるようにする」

 

というのが元々の発想だろう。

 

 

 

思い通りに動かせるということは、

 

思い通りに動かされてしまう可能性も有る。

 

あくまでも可能性の話で、

 

私自身は現時点ではコントロールされていない。

 

 

 

そのような技術が存在すること認められる人は少ない。

 

私も認めたくもない。

 

しかしそのような技術が存在するのは間違いないと思う。

 

 

 

日本国内では情報が表に出てくることは非常に少ない。

 

出ても単なる精神疾患や薬物中毒によるものとしようとする輩ばかり。

 

しかし海外では既に各種の情報を確認することができる。

 

 

 

もっと海外からの情報に目を向けなければいけない時代に成ってきた。

 

国内では意図的に隠されている可能性も高い。

 

隠そうとしているのは原発や安全保障問題だけではない。

 

 

 

「もっと言おうぜ

議論しようぜ

もっといい人見つけようぜ」

Pi.Pi.Pi.Pi.

荻窪Music Heaven

YouTube

Main

Metaleaman

Sub

Metaleama

 

2017年2月13日 (月)

【無料】30代女性OLが半年で2000万稼いだLINE@の使い方とは?

http://maneql.jp/ad/5290/653481

 

Metaleamanです。

 

 

これはニュースです!

 

従来のステップメールシステムの問題を消し去る

LINE@を使った次世代のステップシステムが登場しました…

 

「これは神ってる!」と業界内で話題が沸騰!

 

あなたも今すぐ、その凄さをチェックしてみてください。

 

【次世代のLINE@ステップシステム】

http://maneql.jp/ad/5290/653481

 

 

ネットビジネスで

 

月収100万円以上を稼ぎ出している人は

ほぼ例外なく、ステップメールを使って

商品を販売しています。

 

なぜなら、ステップメールを使うことで、

お客さんの教育から、商品の販売までを

「効率化」「自動化」ができるからです。

 

 

しかし、こんな問題もよく発生していて、

多くの人が悩まされています。

 

それは、メールが、、、

 

「届かない」

「見られない」

「クリックされない」

 

という問題です。

 

迷惑メールで弾かれたり、

システムのエラーでうまく送信できなかったり、

未着の問題がいたるところで頻発しています。

 

 

これじゃあ、

せっかく、お客さんを集めても、

そもそも、メールが届かなければ

全くもって意味がなく

 

時間をかけて、せっせと書いたメールも

水の泡と化してしまいます…。

 

 

しかし、そんな悩みともおさらばです!

この次世代LINE@ステップシステムを使えば

綺麗さっぱり、問題解決することが可能!

 

業界の大物たちがいたるところで

褒めちぎっている、この凄い性能を見てみて下さい!

 

http://maneql.jp/ad/5290/653481

 

 

 

なぜ、LINE@ステップシステムが優れているのか?

それには次のような【明確な3つ理由】が存在するからです。

 

 

1:メルマガを圧倒的に超える脅威の開封率!

 

2:成約率はなんと!メールの5倍!

 

3:従来のステップシステムを超えた高い機能性!

 

 

 

1:メルマガを圧倒的に超える脅威の開封率!

 

まず、LINE@はメールと比べると、

非常に到達率が圧倒的に高く、90%以上の確率で

メッセージが届くというデータもあります。

 

またLINEなら、入力がめんどうなアドレスの登録も不要!

 

嫌になったら、簡単に「ブロック」できてしまうので

登録する心理的抵抗もメールアドレスと比べると

かなり少なく、リストを集めやすいです。

 

LINE@を使うことで、

「メールが届かない」という問題を解決します。

 

 

2:成約率はなんと!メールの5倍!

 

次に、LINE@の優れたところは、

高い成約率で、メールの5倍というデータを叩き出しました。

 

これは、LINEならではの絶妙な距離感で

見込み客とパーソナルな関係性を作りやすいため

 

商品やサービスの魅力やメリットを

ダイレクトに伝えやすいから…というのが理由です。

 

また、メールでは不可能な、

 

・画像や動画、音声、地図などのメディアを送付

・すぐに通話ができる

 

といった事も簡単にできてしまいます。

 

LINE@を使うことで、

「商品が成約しにくい」という問題も解決できます。

 

 

 

3:従来のステップシステムを超えた高い機能性!

 

優れたLINE@ですが、問題もありました。

それは「完全自動化」ができないという問題です。

 

LINE@がアツい!という事に気づいた

多くの、マーケッターやネットビジネスプレーヤーが

LINE@の活用を始めていますが

 

みんな、手動でせっせと、メッセージを送ったり、

商品のプロモーションを行っていました。

 

もちろん、それでも効果は高いのですが、

ステップメールシステムのように

完全自動化ができれば、もっと効率がよくなるのに…

 

という不満やわずらわしさを感じていた人も

少なくなかったのではないでしょうか?

 

しかし、そんな問題も

この次世代LINE@ステップシステムが解消!

 

・ステップメールの組み込み

・シナリオの分岐

・シストやグループの仕分け

 

なども簡単にできてしまい、

さらに、管理画面もわかりやすく

使いやすいので、簡単に操作ができます。

 

 

以上がこの次世代LINE@ステップシステムが

優れている理由です。

 

あなたも、この高機能なシステムを

試してみませんか?

 

今なら無料で試すことができる

期間限定のキャンペーンを開催中です!

 

その詳細を今すぐチェックしてみてください!

 

【次世代LINE@ステップシステムの全貌】

http://maneql.jp/ad/5290/653481

 

 

PS

 

今後、LINE@が集客や販売の

主力ツールとなっていくでしょう。

 

次世代LINE@ステップシステムの詳細だけでなく、

 

LINE@を使って、効果的に

売上を伸ばしていくための最新手法も

無料でお教えしますので

 

今すぐその詳細に目を通してみましょう!

 

LINE@を使った最新手法を無料で知る】

http://maneql.jp/ad/5290/653481

2017年1月26日 (木)

今の政権の主要な面々とパヨクとネトウヨの共通点

知性のかけらも感じられない

「云々」を「でんでん」と読んでしまう

どこかの国の首相、

 

我が国の首相で無いことを願いたいところだが・・・。

 

その政権の応援団である

「ネトウヨ」と呼ばれる方々。

 

「コトバンク」によれば、

右翼系の思想に限らず、

自分の思想に反する人々に

攻撃的な態度を取る人々全般を

呼ぶことも多いらしい。

 

「パヨク」と呼ばれる方々。

「ニコニコ大百科」によれば

 

「左翼の活動家のうち

酷い言動や思想を振りまき、

 

人格を疑われるような事件を

引き起こしながら

 

するどころか、

信じ難いような酷い言い訳で

自己正当化したり

 

(例:多数決のような数の暴力をした相手には

物理的な暴力ふるって良い)、

を重ねたり、新たな事件を起こしたりした。」

 

人々のことを言うらしい。

 

現在の政権の面々とネトウヨとパヨク

とても良く似ている気がする。

 

主義・主張は違うが、

相手の意見を聞こうとせず

追及されると切れる。

 

自分の主義・主張に反する者に対しては

何を言っても、やっても許される

と思っている。

 

そんなことがいつまでも続けられると思うな!

と言いたい。

 

力で抑え込めばいつまでも黙って

言うことを聞いている人ばかりではない。

 

「ナチス」の政策を真似て

全体主義へまっしぐら

するつもりのようだが、

 

「ナチス」は最後に負けたんだよ!

 

日本も戦争に負けたんだよ!

 

いつかしっぺ返しが来るぜ!

それほど遠くないと思う。

2017年1月16日 (月)

A

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TA3JK+FUDAB6+1NB0+6O9OX" target="_blank">
<img border="0" width="120" height="600" alt="" src="https://www24.a8.net/svt/bgt?aid=170112368958&wid=001&eno=01&mid=s00000007686001121000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www10.a8.net/0.gif?a8mat=2TA3JK+FUDAB6+1NB0+6O9OX" alt="">

2016年10月 8日 (土)

被害記録

  1.                         

  1.             6月29日                            
  2. それに対する私の返事です。

  1.  
    1.             6月29日                            
    2. 担任の先生からの本日のご指摘です。記録。
    1.             6月24日                            
    2. 私たち被害者は、実験台ですね。必ず一人一人が違う資質があり、それにのっとって、実験されております。だから、全てを被害のせいにできないと考えるのです。必ずその人らしさがあるのです。だから、常に自分を客観視する努力は、重要かと思われます。。。
    1.             6月24日                            
    2. 今後の傾向として、同じ学年では済まされず、様々な学年から、虐められる可能性があります。息子には、強く言い聞かせて、軽々しく声をかけぬように注意が必要です。

    1.             6月24日                            
    2. 帰り道に息子が傘を壊すくらいに袋を叩きつけられたのは、4月26日、金曜日の3時ごろです。記録。

    1.             6月24日                            
    2. 息子が帰り道。1学年上の三年生の男の子に声をかけて[わっ]と驚かせたら、思いきり袋を投げて傘を壊すくらいに投げられました。現場を見ていないため、難しいのですが、記録として残しておきます。

    1.             6月18日                            
    2. 息子は、公文の学力テストで一問だけが、不正解でした。記録。
    1.             6月18日                            
    2. 公文の学力テストの結果に対する先生の感想。よく読んでいただけますでしょうか。教育者としては、問題のある発言かと思われます。さすが、公文ですね。
    1.             6月15日                            
    2. 娘の担任から電話があり、叱責されました。成績の悪さと、提出物が出てないことを指摘されました。提出物に関しては娘が体調が悪く欠席したときに、わざと提出の説明をしたものである。本人はなにも知らずの状態のため、提出物は出せませんでした。

    1.             6月11日                            
    2. 息子の虫歯の位置です。乳歯であることが、ことのほか救いでした。先生に対する息子の態度も立派でした。抱きしめて抱きしめて誉めてあげたいです。

    1.             6月10日                            
    2. 毎日こまめに磨いているのにも、関わらず息子が、虫歯との診断が出ました。記録。
    1.             6月9日                            

      6月の9日。(木)。今日は、二時間目の後の、休み時間に、廊下を走ったため、担任の先生から叱られました。記録。

    1. アップルティー     ‏@apple20010214                   6月1日                            
    2. 本日また、S 君のお母様からメールあり、四通目。記録。
    1.             5月31日                            
    2. いじめたこどもの謝罪が終わり、ほっとするのもつかの間、一番の主犯のS の母親の突然の五分後に訊ねるとのメール、私がその時気付かずお風呂に入っていたため、S 君の母親がピンポンを押して再度、メールがきました。記録。

    1.             5月31日                            
    2. 今回のいじめの件で主犯のS とT 君の家庭は、二名体制の学級代表者として選ばれています。完全に大津いじめ事件と状況が同じです。
    3. アップルティー     ‏@apple20010214                   5月31日

                               

    いじめたこどもの謝罪が終わり、ほっとするのもつかの間、一番の主犯のS の母親の突然の五分後に訊ねるとのメール、私がその時気付かずお風呂に入っていたため、S 君の母親がピンポンを押して再度、メールがきました。記録。

    1.             5月31日                            

      今回のいじめの件で主犯のS とT 君の家庭は、二名体制の学級代表者として選ばれています。完全に大津いじめ事件と状況が同じです。

                              
    2.             5月30日                            

      いじめた側の二人の母親から電話とメールでの謝罪がありました。記録。S とT の母親からです。

    被害記録

    アップルティー     ‏@apple20010214                   5月27日

                               

    2016年5月19日と2016年5月27日の息子に対する同じクラスの主犯かくのS 君、T 君、O 君のいじめの内容を2016年、5月27日3時頃に、担任の先生と校長先生に打ち明けました。どのような対応かを、また次回に記録します。

    アップルティー     ‏@apple20010214                   5月27日                            

    5月27日、金曜日、学校が終わりその帰り道で、息子が、昨日嫌がらせをした主犯のS 君と、新たにT 君、O 君の三人が息子を囲み、こっちへ来いと息子に命令をして、通行妨害の通せんぼと、あっかんべーを泣き叫び、嫌がる息子に執拗に繰り返し繰り返し連打で行いました。続く。

    アップルティー     ‏@apple20010214                   5月27日                            

    2016年、5月19日、木曜日、息子が、学校からの帰り道で、同じクラスの同級生であるS 君(昨年一年生の時には息子の名前をからかうなどしました、虐めの主犯となる男児です。)が、帰ろうとする息子を通行妨害をして、通せんぼをし、嫌がり泣き叫ぶ息子に名前を呼び捨てました。

    アップルティー     ‏@apple20010214                   5月27日

                               

    息子がいじめに繋がる嫌がらせを受けております。このアカウントで、虐められた内容の記録をしていきたいと思います。

    2016年1月 8日 (金)

    2016/01/07 新宿駅南口街宣報告(動画URL2/2)

    2016/01/07 新宿駅南口街宣(動画URL2/2)

    https://youtu.be/UdBNPO4AX8c

    https://youtu.be/SPM3kuUwstY

    弁士:ザイオン(その2)

    操作ミスにより2分割されております。

    弁士:しろくろ(その2)
    弁士:ザイオン(その3)
    弁士:ネスタ(その2)
    カメラのバッテリー切れ・操作ミス等により、収録できなかった動画もございます。誠に申し訳ありませんがご容赦ください。

    2016/01/07 新宿駅南口街宣報告(動画URL1/2)

    2016/01/07 新宿駅南口街宣報告(動画URL)

    https://youtu.be/8XwLYxjIKMg

    弁士:Fran

    https://youtu.be/HngM9VdR6nc

    弁士:しろくろ

    https://youtu.be/DTmwB1C3z60

    弁士:ザイオン

    https://youtu.be/OFmIi8n9mUg

    弁士:アナスイ

    https://youtu.be/uob4nJPiW50

    弁士:ネスタ

    https://youtu.be/NFeESmVxCLQ

    弁士:rainbow8743(カメラのバッテリー切れのため、途中で終了)

    2016/01/07 Fran氏との共同街宣報告及び当面の活動休止のお知らせ

    2016/01/07 新宿駅南口Fran氏との共同街宣報告です。

    同日新宿駅南口にてFran氏と共同で「テクノロジー犯罪・集団ストーカー撲滅」のための街宣活動を行いました。

    新年第一回目・Fran氏との共同開催ということも有り、合計10名の方々が集まって下さいました。延べ11回・2時間超の街宣と成りました。参加して頂いた方々にはこの場を借りてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

    また、10月末より年末年始の休止を挟んで3カ月弱に渡り行ってきた街宣活動ですが、以前より出席していた政経調査会より活動従事の依頼が有り、熟考の上での結論となりますが、当面の間「テクノロジー犯罪・集団ストーカー撲滅」に関する街宣活動を休止させていただきます。短い期間ではございましたが、ご支援・ご応援を頂いた方々にはこの場を借りてお礼を致したいと思います。本当にありがとうございました。

    街宣の動画に関しては容量上の問題も有るため、複数に分割してアップさせていただきます。

    最後に繰り返しには成りますが、短い期間ではございますがご支援・ご応援を頂いた方々にはお礼を致したいと思います。本当にありがとうございました。

    «2016/01/07(木) 新宿駅Fran氏共同街宣のお知らせ